宗像さんアメリカのJKAで稽古👊

投稿日: カテゴリー お知らせ, 三田のなかま

宗像(むなかた)たいせいくん(9才)は4才からずっとお母さんと一緒に三田空手クラブで稽古を続けていましたが、昨年4月からお父さんのお仕事のため、アメリカに引っ越しをし、三田空手クラブをしばらくお休みしています。

それからしばらくして、お母さんから、ご近所に日本空手協会の支部があったので入会しようと思いますが、現在の級の証明をしたい。というメールが届きました。

遠いアメリカの地で同じ会派の空手を続けられるなんて素敵ですね。

早速 テキサス州エルパソ支部の師範にメールを送りました(息子が代書)。

師範のジュリアン先生とはその後何回かメールのやりとりをし、コロナが終息したら三田空手クラブに是非行きたいと言ってくれています。総本部の世界合宿でお会いすると思いますので、三田空手クラブに来ていただきたいですね。

そして宗像さん親子はオンラインの大会にも出場して、嬉しいメールをいただきました。

若梅先生、こんにちは!
昨日行われた 3rd JKA/wf America National Virtual Kata Tournament の最終選考で、正式な部門名が英語で早口のアナウンスで覚えられなかったので大体ですが、泰生が7-9歳の部で1位入賞しました。私は10位だと思っていたらなぜか成人女性茶帯の部3位に入っていました。ジュリアン先生がとても喜んでくださったので、それが嬉しかったです。
取り急ぎ結果をご報告させて頂きます♪
メダルか何か貰えるのか聞いていないのですが、もし頂けたら正式な部門名も調べた上で写真撮影して送りますね!貰えなくても写真送りますね!

宗像 慶子

そして、メダルをもらえたかどうかわかりませんが、素敵な写真を送ってくれました。

ジュリアン先生の協会マスク迫力ありますね。遠いところで言葉も通じないところで同じ内容の稽古をしているって素敵ですね。

それから泰生くんが3才から習っているというバイオリンの演奏動画も送ってくれました。バッハの美しい音色に驚きでした。掲載したかったのですが、一緒に写っている方がいたのでできませんでした。

道場で見てくださいね。

最近では 5月31日に宗像さんから「明日は昇級審査です。頑張ってきます」というメールをいただきました。

アメリカの昇級審査会はどうでしたか?またレポートをお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください