脇田そらちゃんからの報告💐

投稿日: カテゴリー お知らせ, 三田のなかま

⭐️2件のコメント

みなさんの先輩の脇田そらさん、小学1年生から三田空手クラブで稽古を続けていました。

千葉県大会では出場した年はすべて優勝🏅 全国小中大会にも小学3年から中学3年まで連続出場!!

拓大紅陵高校に進学。空手道部で活躍を続け。ご家族で転居した奈良の大学でも空手道部で大活躍。大会に優勝して写真を送ってくれています。

そして今年の春に大学を卒業です。

そして小学生の頃からの目標だった女性警察官の採用試験に合格したとの嬉しい電話をいただきました。

午前9時頃にかかってきた電話。「今 合格発表がありました。合格しました」

すごいです。7名募集のところに100名の応募者。そんな難関試験を突破したそうです。筆記試験から面接試験……

そらちゃん おめでとうございます。

2008年全国小中大会 団体形 左から れいちゃん そらちゃん なおきくん

2008年全国小中大会 団体組手 監督は松田先生

個人戦形 そらちゃん小学4年生

奈良の大学に進学。後輩たちが壮行会をしました。

日本空手協会の千葉県大会 全国大会には毎年船橋支部から出場しています。

奈良から夜行バスに乗って、大会当日の朝に着いて出場。そして優勝🏅

最後の写真は、2019年船橋アリーナで開催された関東大会に出場し、見事入賞しました。そして船橋支部の選手にずっと付き添ってくれていました。

優勝した森山けいとくんと!!

黒帯はいつも後輩の面倒を見る。これが三田空手クラブの伝統です。

4年前の3月に参段を受験。審査前の1週間はこちらに滞在して昼間は卒業したばかりの高校空手部の道場で稽古。夜は三田中武道場で連日特訓。

そして見事合格しました。いつも元気に頑張っているそらちゃんです。

そらちゃん、強くて優しい警察官になるんでしょうね。

応援しています。

「脇田そらちゃんからの報告💐」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、お久しぶりです。
    天理大学空手道部4年の蒼莉です。
    投稿の方ありがとうございます。
    私は小学四年生の頃、若梅先生に大好きな空手を活かすことの出来る職業が、警察官だと教えて頂きました。若梅先生みたいになりたい。同じ道を歩みたい。と思い、12年間警察官になるという夢を抱いていました。なれない勉強は辛いときもありましたが、奈良に転居しても、三田空手クラブの一員と試合に出させて頂いていて、居場所を作ってくださっている若梅先生や諸先生方、また道場生の皆さんに恩返しがしたい。自慢の先輩でいたい。私が先生の背中を追っていたように、道場生の見本、いい背中を見せることの出来は先輩でありたい。と強く思い、頑張ることができました。
    これからは身を守れる空手の選手、ではなく県民の方々や国民の方々の事を守ることの出来る警察官として頑張りたいと思います。
    また道場の方に顔を出させて頂きたいと思っています。毎度暖かく出迎えて頂いてますが、変わらず出迎えて頂けたら嬉しいです。

    これからも若梅先生の背中を追い続け、少しでも近づけるよう頑張ります。

    1. そらちゃん、投稿ありがとうございます。
      4月からは全く新しい世界ですね。初めて経験することばかりです。
      私は今でも警察学校の時の同期生と時々会っています。
      制服 似合うでしょうね。これからの蒼莉ちゃん、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください